2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ内検索

  • ブログ内検索
    カスタム検索

最近の記事

JAPAN LAW EXPRESS FEED

JAPAN LAW EXPRESS FEED by FeedBurner

Powered by Blogzine[ブログ人]
ブログ人登録 2004年09月08日

Google Analytics

  • Google Analytics

« 最高裁、会社を商法上の商人であると判示 | メイン | あるはずなのにない »

2008.02.27

知財高裁見学

今日はロースクールの企画で知財高裁の見学に行ってきました。

裁判の傍聴から所長のお話まで盛りだくさんで、非常によく練られたスケジュールになっていてありがたかったです。

私も会社で新入社員の実習などでは、限られた時間で色々見てもらおうとして、システマティックにカリキュラムを組んだものでして、その辺を思い出しました。

単純に考えると、知財事件は、法律だけでは話がすまず技術が絡む特許が一番とっつきにくそうですが、実は一番やりやすいという指摘が面白かったです。

でも特許は実はクレームがある分、やりやすいのだということでした。
なるほどそうだなあと思った次第です。

著作権が問題となる事件には出版社やレコード会社でもないとお目にかかりませんので、会社で知財というと特許ですので、私自身は特許にあまり抵抗はありませんが、学部からそのままロースクールに進学された方はやはりマインドは著作権にあるようでした。

でもさすがに理系出身の方は、今日傍聴した事件で出てきた物質等について理解があり、これは特許侵害ではないのではないかというような感想を瞬時に漏らしていましたので、やはり技術に関して理解があるに越したことはないのも確かだなあとも思いました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/19593/20386335

この記事へのトラックバック一覧です 知財高裁見学

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

スポンサーリンク

  • google

zenback

ブックマークランキング

  • hatena

参加ランキング

  • にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
  • にほんブログ村 経営ブログへ
  • 人気ブログランキングへ